/

この記事は会員限定です

「連続起業家」日本でも台頭 海外に挑む

[有料会員限定]

1度興した企業を売却し、次のベンチャーを立ち上げる「シリアルアントレプレナー(連続起業家)」が日本でも台頭してきた。1度目の売却資金や経験・人脈を生かして海外市場に挑んでいる。ネット大手がベンチャーを買収し、連続起業がしやすい環境も生まれつつある。起業の好循環が進めば、日本発の世界的ベンチャーが登場する可能性も広がりそうだ。

メルカリ(東京・港)の山田進太郎社長(36)は今夏、米国市場で一歩を踏み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン