足利市の長谷川農場、6次産業化で会社設立

2014/9/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

肉牛生産などの長谷川農場(栃木県足利市)は加工・販売なども手掛ける「6次産業化」に乗り出す。足利銀行などが立ち上げた支援ファンドの出資も受け、新会社をこのほど設立した。年内に牛肉や野菜を使った加工食品のインターネット通販を始めるほか、カフェレストランも出店する計画だ。

新会社はつちのか(足利市)。資本金は1800万円で、足利銀やみずほ銀行、栃木県内の信用金庫・信用組合などが共同で設立した「とちま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]