/

この記事は会員限定です

川重の有利子負債400億円削減 15年3月期末、将来投資に備え

[有料会員限定]

川崎重工業は2015年3月期末の有利子負債を約4000億円と、前期末比400億円前後削減する。製品納期の短縮や支払い条件の緩和を通じてフリーキャッシュフロー(純現金収支=FCF)を確保し、負債返済の原資とする。航空機エンジンの開発など、将来の資金負担に備え財務改善を急ぐ。

前期末の有利子負債は4421億円だった。純有利子負債(有利子負債から手元資金を引いた額)が、自己資本の何倍かを示すネットDEレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン