/

兵庫県、EV充電器28カ所に 14年度末までに増設

兵庫県は電気自動車(EV)用の急速充電器を新たに県内5カ所に設置する。神戸、西宮、明石など4市1町で10日から一般利用を始める。すでに稼働済みの15カ所と今後の設置分を合わせ、2014年度末に県内28カ所に増やす。

今回新設するのは兵庫楽農生活センター(神戸市)、がんセンター(明石市)、淡路医療センター(洲本市)など5カ所で、明石、洲本は24時間利用できる。充電時間はいずれも1回45分で料金は当面無料とする。

赤穂海浜公園(赤穂市)、淡路佐野運動公園(淡路市)、コウノトリの郷(豊岡市)など4カ所のほか、淡路島内の淡路島公園、あわじ花さじき、淡路文化会館など4カ所にも9~12月にかけて設置する予定だ。

すでに神戸市の兵庫県本庁舎や姫路市の姫路総合庁舎など、県有施設を中心に15基を設置済み。EVの普及を促し、温暖化防止や大気汚染の低減を図る。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン