長電バス、不採算路線の車両小型化など提案 自治体に

2014/9/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長電バス(長野市)が運行形態の見直し対象とした不採算8路線の関係自治体に、車両の小型化や事前予約で運行する「デマンド化」を提案していることがわかった。新車両の導入資金をどう確保するか、自治体と調整に入る。利用者が多い時と少ない時の差が大きいことが課題で、繁閑に合わせた運行形式によりコストを抑え、8路線廃止という事態を回避する道を探る。

同社は5月、保科温泉線(長野市)、須坂屋島線(長野市―須坂市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]