/

この記事は会員限定です

長電バス、不採算路線の車両小型化など提案 自治体に

[有料会員限定]

長電バス(長野市)が運行形態の見直し対象とした不採算8路線の関係自治体に、車両の小型化や事前予約で運行する「デマンド化」を提案していることがわかった。新車両の導入資金をどう確保するか、自治体と調整に入る。利用者が多い時と少ない時の差が大きいことが課題で、繁閑に合わせた運行形式によりコストを抑え、8路線廃止という事態を回避する道を探る。

同社は5月、保科温泉線(長野市)、須坂屋島線(長野市―須坂市)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン