2019年6月25日(火)

政府、経済対策2段階で検討 消費税10%判断へ

2014/9/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は脱デフレの軌道を外さず、景気回復を下支えするために経済対策の検討を始めた。2014年度の補正予算と15年度の当初予算の2段階でのてこ入れを想定している。経済や物価の情勢次第で、日銀が追加の金融緩和に動くとの観測も高まりつつある。

経済対策を裏づける今年度補正予算案を編成する時期は12月が軸になる。再増税を判断する時期に合わせ、デフレ脱却への道筋を確実にする狙いだ。追加の国債発行は避ける見通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報