木徳神糧、台湾で低たんぱく米 合弁で製販

2014/9/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コメ卸大手の木徳神糧は台湾で、たんぱく質の含有量が少ない加工米の製造販売に乗り出す。現地の同業大手などと合弁会社を設立して工場を建設し、アジアの周辺国にも輸出する。たんぱく質の摂取を制限しなければならない腎臓病患者が増えているのに対応し、医療機関などに販売する。

木徳神糧が80%、台湾のユニオンライスと食品原料製造の長田産業(兵庫県宍粟市)がそれぞれ10%を出資し、台湾に合弁会社を設立する。約3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]