/

静岡県農林技術研、硝酸塩入り餌でシカ駆除 農作物被害防ぐ

静岡県農林技術研究所森林・林業研究センターは深刻な農作物被害などをもたらすニホンジカを駆除する新手法を開発した。硝酸塩入りの餌を食べさせる方法で、従来の猟銃やワナによる捕獲に比べ人や他の動物に与える影響が小さいのが特徴だ。

シカやウシなどの反すう動物はいったん飲み込んだ食物を口の中に戻し、かみ直す動作を繰り返す。こうした動物は硝酸イオンを摂取すると、胃の中の微生物が亜硝酸イオンに還元。亜硝酸イオンは血中の酸素を運ぶヘモグロビンと結合し、酸素を運ぶ機能が失われるため、酸欠状態になって死に至る仕組みだ。硝酸塩は自然界に存在し、生態系への影響も少ないという。

ウシが硝酸塩の摂取で死ぬなどの被害が出ることは広く知られていた。同センターは「同じ反すう動物のシカでも同様の現象が起きるのではないか」と考え、2012年度から研究に着手した。

昨冬に東伊豆町で、野生のシカを対象に試験を実施。通常の餌で餌付けした後、硝酸塩入りの餌を与えたところ、駆除できることを確認した。ただ、硝酸塩入りの餌にあまり食い付かないケースがあるため、食味などを改良する。今冬も同町内で駆除試験を行う。

シカによる農作物被害は伊豆地域や県東部で目立つ。ワサビの葉やシイタケなどを食べることが多く、近年の年間被害額は8000万円前後に上る。農作物だけでなく、南アルプスの高山植物など自然生態系への悪影響も出ている。

被害が目立つ自治体では猟銃やワナを使った駆除を進めている。ただ、猟銃による捕獲は住宅地に近い場所などではできない。ワナはクマなどシカ以外の動物を捕獲してしまう可能性がある。このため、シカの大幅な削減には至っていないのが現状だ。

森林・林業研究センターは6日に開いた日本哺乳類学会で研究成果を発表した。同センターの大場孝裕・上席研究員は「実用化に向け、餌の改良や与え方の研究を進めたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン