/

この記事は会員限定です

期限切れ肉問題で生きた 日本KFCの「戦い」

[有料会員限定]

中国の米系食品工場で7月に発覚した使用期限切れ鶏肉の問題。日本マクドナルドが同工場製の商品を販売、その後の客離れに悩んでいる。食のグローバル化の負の側面といえるが、日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の定番メニューは国産だったために難を免れた。さかのぼると一つの「戦い」がある。

「いろいろな注文が米本社からありましたよ。『なぜコストの安い海外鶏肉を使わないのか』とね」。日本KFC設立(19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン