神田で「月1」そば打ち教室  老舗「かんだやぶそば」協力

2014/9/4付
保存
共有
印刷
その他

東京・神田淡路町の再開発ビル「ワテラス」で16日、月に1回のそば打ち教室が始まる。安田不動産が参加する町づくり組織などが企画した。地元の老舗「かんだやぶそば」が監修し、そばの専門講座を修了した人たちが指導にあたる。神田には老舗のそば店が立ち並んでおり、地域の特性を生かしてにぎわいづくりにつなげる。

「ワテラス神田そば研」と銘打ち、毎月1回開催する。製作過程を学び、自分で作ったそばを試食することもできる。昼と夜の2部制で、各回定員は12人。参加費は3000円とする。「江戸ソバリエ倶楽部」サークルへの申し込みが必要となる。

かんだやぶそばが指導内容の企画や道具の選定などで協力する。同店は2013年2月の火災で現在は店舗を閉鎖しているが、10月20日から元の場所で営業を再開する予定だ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]