/

この記事は会員限定です

社外取締役「複数」8割 100社調査、兼務が倍増

[有料会員限定]

上場企業で複数の社外取締役を導入する会社が増えている。主要100社を調べたところ、社外取締役を2人以上置く企業は85社と8割を超え、5年前の57社に比べ1.5倍に増えた。政府は社外取締役を複数置くよう促す指針の導入を議論するが、大手企業では先取りが進む。一方で複数企業の社外取締役を1人で兼務する事例も増えており、人材不足が浮き彫りになっている。

6月に成立した改正会社法では、社外取締役を置かない大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン