/

この記事は会員限定です

農作物・食品の残留農薬、費用7分の1で検出 島津など

[有料会員限定]

島津製作所は大阪大学などと共同で、農作物や食品に残った農薬を低コストで検出できる手法を開発した。液体と気体の性質を併せ持つ超臨界状態の二酸化炭素(CO2)を活用することで、高価な試薬が不要になった。1回の検査にかかる費用を従来の約7分の1に低減できるという。検出時間も半分の30分に短くなる。農業協同組合や食品メーカー向けに年明けにも発売する。

新手法はまず、分析したい野菜をすりつぶして水を吸着する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン