2019年2月17日(日)

理研改革委の岸輝雄・元委員長「STAP有無、11月表明を」

2014/9/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

STAP細胞論文の不正問題で、外部識者からなる理化学研究所の改革委員会の委員長を務めた岸輝雄・東京大学名誉教授が日本経済新聞のインタビューに応じた。論文の著者の小保方晴子氏が進めるSTAP細胞の再現実験が大きな区切りになると強調。11月末に終える実験の結果をもとに、STAP細胞の有無について理研が表明を出すべきだと主張した。

――小保方氏の再現実験には不正の当事者に税金を投じているとの厳しい見方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報