/

この記事は会員限定です

理研改革委の岸輝雄・元委員長「STAP有無、11月表明を」

[有料会員限定]

STAP細胞論文の不正問題で、外部識者からなる理化学研究所の改革委員会の委員長を務めた岸輝雄・東京大学名誉教授が日本経済新聞のインタビューに応じた。論文の著者の小保方晴子氏が進めるSTAP細胞の再現実験が大きな区切りになると強調。11月末に終える実験の結果をもとに、STAP細胞の有無について理研が表明を出すべきだと主張した。

――小保方氏の再現実験には不正の当事者に税金を投じているとの厳しい見方も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン