/

この記事は会員限定です

伊藤園、5~7月の営業益6割減 消費増税など響く

[有料会員限定]

伊藤園の2014年5~7月期の連結営業利益は約20億円と、前年同期に比べ約6割減ったもようだ。全国的に梅雨明けが遅れたうえ、台風や豪雨なども重なり、飲料販売が振るわなかった。消費増税の対策で、広告宣伝費や販売促進費を増やしたことも利益を圧迫した。8月も天候不順で苦戦が続いており、14年5~10月期予想を下方修正する公算が大きい。

売上高はほぼ横ばいの1190億円前後だったようだ。主力の飲料事業は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン