伊藤園、5~7月の営業益6割減 消費増税など響く

2014/8/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤園の2014年5~7月期の連結営業利益は約20億円と、前年同期に比べ約6割減ったもようだ。全国的に梅雨明けが遅れたうえ、台風や豪雨なども重なり、飲料販売が振るわなかった。消費増税の対策で、広告宣伝費や販売促進費を増やしたことも利益を圧迫した。8月も天候不順で苦戦が続いており、14年5~10月期予想を下方修正する公算が大きい。

売上高はほぼ横ばいの1190億円前後だったようだ。主力の飲料事業は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]