/

この記事は会員限定です

東京製鉄、有利子負債100億円削減 15年3月期末200億円

[有料会員限定]

東京製鉄は2015年3月期末までに有利子負債を100億円程度削減して、200億円程度にする方針だ。鋼材市況の回復で、前期決算では5期ぶりに単独営業損益が黒字転換した。今期も堅調な需要が続いており、営業利益は前期比3.9倍の95億円を計画している。収益の改善を背景に財務体質を強固にする。

6月末時点で有利子負債は300億円ある。本業の稼ぎのほか、現金支出を伴わない減価償却費が今期は43億円であることなどから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン