九州の消費、30年ぶり日照不足で暗く 飲料・エアコンなど

2014/8/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大雨などによる記録的な日照不足が九州の消費に影響を与えている。マックスバリュ九州はアイスクリームや飲料が売れず、7月まで3カ月連続で上回った既存店売上高が8月は横ばいにとどまる。ベスト電器はエアコンなどの売上高が前年同月比3~4割減。九州北部での日照不足は約30年ぶりの水準になる見通しで増税から回復基調にあった消費に影を落としている。

福岡管区気象台によると、8月1~25日の日照時間は九州北部で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]