/

この記事は会員限定です

欧州各地、移民で摩擦 中東・アフリカ政情不安が影響

[有料会員限定]

【パリ=竹内康雄】政治情勢の混乱が続く中東やアフリカから欧州への移民の流れが強まっている。南欧に入った移民・難民は1~6月で2013年通年の数を超えた。入り口になっているイタリアやスペインは対応にてこずり、フランスやドイツなどでは社会不安が台頭してきた。欧州連合(EU)は効果的な対策を打てずにいる。

8月上旬、アフリカ大陸にあるスペインの飛び地、メリリャで騒動が表面化した。アフリカ各国から集まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン