/

この記事は会員限定です

LPGから水素生産、大阪ガスが装置 燃料電池車用

年内にも開発、販売

[有料会員限定]

大阪ガスは家庭用燃料に使う液化石油ガス(LPG)から燃料電池車用の水素をつくる装置を年内にも開発、販売を始める。水素を供給する施設「水素ステーション」に設置すれば、水素輸送の専用車両や備蓄タンクが不要になる。燃料となる水素供給の手段が増え、燃料電池車の普及に不可欠なインフラ整備にも弾みがつきそうだ。

燃料電池車はトヨタ自動車などメーカー各社が開発を急いでおり、政府もインフラ整備を支援している。現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り470文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン