撤回は望み薄 中国の外資摘発、今後の行方

2014/8/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の独占禁止法当局が、日本の自動車関連10社に価格カルテルで制裁金支払いを命じた。中国独禁法のルールはどうなっているのか。当局の意図はどこにあり、今後も摘発は続くのか。日本企業の取るべき対応策を含めて点検した。

Q 中国当局は完成車の補修部品の内外価格差を問題視しているようだが、これは独禁法違反にあたるのか。

A 日米欧の自動車の補修部品が中国国内で高価であること自体が独禁法違反というわけでは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]