/

インフルエンザ感染で免疫低下 九大が仕組み解明

九州大の小柴琢己准教授らのグループは20日までに、インフルエンザウイルス感染時に細胞内にあるミトコンドリアの機能が弱まる仕組みを、世界で初めて分子レベルで解明したと発表した。感染した際に作られるたんぱく質が細胞に与える影響に着目。高病原性ウイルスによる病状の重篤化を防ぐ新薬の開発に期待できる。

ミトコンドリアは細胞の代謝活動に必要なエネルギーを作り出す細胞小器官で、インフルエンザなどのウイルスに対する免疫機能も担う。異物の侵入などに伴い、同器官の働きが低下すると人体への影響がひどくなりやすい。

人の培養細胞を使用した約2年間の研究により、インフルエンザウイルスの中でも高病原性のH5N1型や過去に大量感染を生んだものは、ミトコンドリアに侵入して蓄積しやすいたんぱく質を作ることを突き止めた。一般的な季節性ウイルスではこの動きは見られなかったという。

小柴准教授は「ウイルスが作ったたんぱく質の動きを管理できれば、重篤化や大流行を抑えられる可能性がある」と話す。新薬開発への応用に期待が持てるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン