/

この記事は会員限定です

マーガリン原料のコーン油、10%下落 7~9月大口価格

[有料会員限定]

マーガリンの原料などに使うコーン油の大口需要家渡し価格が下落した。7~9月期は1キロ133.5円が中心。4~6月期に比べ15.5円(10.4%)安く、約4年ぶりの低水準だ。在庫が大幅に増えたのが背景だ。

コーン油はトウモロコシから清涼飲料やビールの原料となるコーンスターチをつくる際にできる副産物が原料。夏場は飲料の消費が伸びるため、コーンスターチの需要が増え、コーン油の需給は緩みやす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン