/

この記事は会員限定です

藻類燃料で走る、飛ぶ 車やジェット旅客機で

[有料会員限定]

企業や大学が水田や河川などにすむ藻類を大量培養してバイオ燃料を取り出す研究を加速させている。藻類から作った燃料を混ぜて乗用車やバスを走らせる公道走行試験も始まった。2020年には旅客機のジェット燃料にも本格導入される見通しだ。価格を引き下げる量産技術が確立されれば、小さな藻が新たなエネルギー源となり、地球温暖化対策にも役立つだろう。

神奈川県藤沢市の湘南台駅。緑と白に塗り分けられたバスに人々が続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません