/

この記事は会員限定です

京急、カジノ参入を検討 企業連合でリゾート整備

[有料会員限定]

京浜急行電鉄はカジノ運営事業への参入を目指す。東京湾岸の横浜市と東京・台場地区を具体的な候補地とし、カジノやホテルなどで構成する統合型リゾート(IR)を整備する構想だ。今秋の臨時国会での「統合型リゾート推進法案(カジノ法案)」の成立を見据えて、事業主体となる企業連合を近く立ち上げる。国際線の拡充が進む羽田空港に乗り入れている利点を生かし、訪日外国人客を呼び込む。

16日付でグループ戦略室に構想の推...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン