歯科材料の山本貴金属地金、非貴金属素材にシフト

2014/8/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県に主要な生産拠点を持つ歯科材料大手の山本貴金属地金(大阪市)は、セラミックなど非貴金属材料事業を強化する。かぶせ物など商品数を大幅に増やし、2016年に稼働予定の新工場を主力拠点にして生産能力も増強する。非貴金属の歯科材料は貴金属より製造コストが抑えられる。自然な歯に見た目が近く、保険適用の範囲が広がって治療費が低下傾向にあるため、需要増も期待できるとみている。

強化するのはセラミックや、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]