差し押さえた車、ネットで公売 三鷹市

2014/8/14付
保存
共有
印刷
その他

東京都三鷹市は地方税滞納で差し押さえた自動車をインターネットで公売する。同市では初めての試み。税収を確保するとともに、税負担の公平性を保つ狙いがある。

公売にかけるのはトヨタ自動車の「プリウス」。参加申込期間は8月15日から同29日までで、入札期間は9月5~同8日を予定する。

これまでも差し押さえた自動車はあったが、その後に税の納付があったなどで公売に至る事例は無かった。今回は最後まで納付されなかったため、初の公売となった。

三鷹市の市民税や固定資産税、国民健康保険税などの地方税滞納額は2013年度決算で約22億円にのぼる。市では今後も滞納については自動車など動産を差し押さえ、公売にかける方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]