/

この記事は会員限定です

スーパーやコンビニ、「サラダ用」品ぞろえ拡充

[有料会員限定]

サラダ用カット野菜の市場は膨らんでいる。最大手のキユーピーによると2013年は前年比5割増の960億円。今年は1000億円の大台を超える見通しだ。

食品スーパーやコンビニエンスストアがプライベートブランド(PB=独自企画)商品などで先行してきたが、成長市場を巡って大手食品メーカーの参入や事業拡大が盛んになってきた。

食品スーパー大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン