/

焼酎大手50社、約半数が減収 13年民間調べ

帝国データバンク福岡支店が12日発表した2013年の焼酎メーカー(泡盛を含む)の売上高ランキングによると、減収となった企業は上位50社のうち約半数の24社に上り、12年に比べ3社増えた。「ハイボール」ブームが続くウイスキーや、缶チューハイなどの低アルコール飲料の人気に押され、焼酎市場の伸び悩みが続いている。

上位50社のうち約9割の44社が九州・沖縄に本社を置く企業。芋焼酎「黒霧島」で知られる霧島酒造(宮崎県都城市)が2年連続で1位だった。首都圏の飲食店などでの取り扱いが増えた。帝国データバンク福岡支店は「人口の多い首都圏や関西での市場拡大が今後のカギで、新しい飲み方の提案などが必要になってくる」としている。

調査は売上高に占める焼酎の割合が50%以上の企業が対象で、13年中の決算期末ベースの売上高を比較した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン