/

食中毒発症者、453人に 静岡のO157

静岡市の花火大会で冷やしキュウリを食べた客から腸管出血性大腸菌O157が検出された集団食中毒で、市保健所は11日までに、発症者が453人となり、うち入院している重症者は108人になったと発表した。

腎不全などを伴う合併症「溶血性尿毒症症候群(HUS)」の重症患者は4人のままという。市保健所の担当者は「食中毒は終息傾向にある」と話している。

この集団食中毒は9日、発症者数が449人になり、厚生労働省のデータによると、過去10年で最大規模となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン