/

小僧寿し、決算短信の公表を延期

小僧寿しは6日、14日に開示予定だった2014年1~6月期決算短信の公表について、延期する見通しになったと発表した。7日に退任する大西好祐社長の役員報酬などを巡り入出金が適切だったか判断する必要が出たためとしている。

同社によると、大西社長は東京地裁から債権差し押さえ命令を受け、地裁への提出書類に自らが無報酬だと記載したが、小僧寿しから自分の個人口座に担当部門を通さずに4500万円を入金させていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン