/

この記事は会員限定です

お台場の商業施設、外国客を歓迎 多言語対応や無料Wi-Fi

[有料会員限定]

東京・お台場地区の商業施設が訪日外国人客への対応を強化している。森ビルが運営するヴィーナスフォートは、外国語ができるスタッフを増強。三井不動産のダイバーシティ東京プラザは、外国人客からの要望が多い無料のWi-Fiを整備した。2020年の五輪へ向け、受け入れ体制の整備を急ぐ。

お台場の大型娯楽施設「パレットタウン」内にあるヴィーナスフォートでこのほど開業した子ども向け遊技施設「アネビー トリムパー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません