塾・語学教室も情報公開を 国が初の指針案、トラブル回避

2014/8/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省と経済産業省は5日までに、民間の学習塾や語学教室に対し、財務状況や講師の経歴などの情報を幅広く公開するよう求める指針を初めて策定した。情報公開の程度はこれまで各事業者に委ねられており、利用者との間でトラブルとなるケースも多かった。指針に法的強制力はないが、文科省は「情報公開の意識を高めるきっかけにしたい」としている。

指針は学習塾や語学教室のほか、書道教室やパソコン教室、料理教室などが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]