/

この記事は会員限定です

りそな、実質国有化が終了 公的資金3兆円をほぼ完済

[有料会員限定]

りそなホールディングス(HD)が約3兆円の注入を受けた公的資金を7月末でほぼ返済し、2003年から続く実質国有体制は終了する。細谷英二会長(故人)のもとで営業時間の延長など預金者向けのサービスを増やし、パート行員の活用などで銀行固有の高コスト体質も改めた。3メガ銀とは一線を画した事業モデルは、地方銀行などにも適用できる。経営の自由度が増して今後の金融再編の核となる可能性もある。

りそなは7月30日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン