会社員の懐ちょっぴり余裕 車や住宅業界の給与増
2013年度

2014/8/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会社員の懐がちょっぴり温かくなっている。2013年度の主な上場企業の平均年収を計算したところ、日産自動車やマツダが1割増と、業績が好調な自動車の改善が目立った。建設や住宅も不動産市況が改善し、従業員への配分を増やしている。ただ給与総額の増加分は1%と消費税率の引き上げ分に及ばない。本格的な収入増は14年度以降の課題になりそうだ。

日経平均株価の採用企業225社のうち過去5年間を比べられる191社…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]