/

この記事は会員限定です

会社員の懐ちょっぴり余裕 車や住宅業界の給与増

2013年度

[有料会員限定]

会社員の懐がちょっぴり温かくなっている。2013年度の主な上場企業の平均年収を計算したところ、日産自動車やマツダが1割増と、業績が好調な自動車の改善が目立った。建設や住宅も不動産市況が改善し、従業員への配分を増やしている。ただ給与総額の増加分は1%と消費税率の引き上げ分に及ばない。本格的な収入増は14年度以降の課題になりそうだ。

日経平均株価の採用企業225社のうち過去5年間を比べられる191社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン