渋谷再開発、超高層駅ビルは46階建て 20年開業

2014/8/1付
保存
共有
印刷
その他

東京急行電鉄、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京メトロは1日、渋谷駅で超高層駅ビルの建設を始める。同駅で計画する3棟の再開発ビルの最初の1棟。地上46階で高さは約230メートルと、都内の駅ビルでは最も高くなる。2020年に開業し、オフィスや商業施設が入居する。

3棟のビルはいずれも東急電鉄など3社が事業を進める。1日に着工する東棟は延べ床面積は約17万4千平方メートルで、渋谷駅周辺で最大級となるオフィスなどを備える。帰宅困難者の受け入れ場所も確保。防災備蓄倉庫の整備や高効率の自家発電システムの導入も予定している。

東急電鉄は31日、報道陣向けにビル完成後の街並みを映像や模型を使って紹介した。隣接する中央棟(地上10階)、西棟(地上13階)は27年に完成。ビル間の移動をスムーズにするために空中デッキをつくり、渋谷ヒカリエや駅との間の動線も確保する。デッキ全体の開通は27年だが、東棟がオープンする20年には一部が利用できるようにする。

渋谷駅周辺は他にも大規模な再開発が相次ぐ。東急不動産などが道玄坂にある東急プラザ渋谷一帯を建て替え、18年度に高さ約110メートルの複合ビルをつくる。桜丘口地区でも住居を含む4棟のビルを建設し、五輪のある20年に完成させる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]