/

この記事は会員限定です

首都圏の観光地「隠れた魅力」PR 団塊世代など狙う

[有料会員限定]

首都圏内で知名度がさほど高くない観光地が連携して誘客したり、観光地ではなかった場所で歴史にちなんだ地域資源を掘り起こしたりする動きが活発になってきた。歴史やウオーキングに興味のある団塊の世代や外国人観光客などを対象に、定番の観光地では飽き足りない客を呼び込もうとしている。

■「るるぶ」に協力

「スクラムを組んで観光客の誘致に取り組みたい」。7月中旬、観光ガイドブック「るるぶ」の「厚木 伊勢原 秦野 ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン