キシル、家具を一貫生産

2014/7/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産材家具を販売するキシル(浜松市、渥美慎太郎社長)は9月、同市内に家具の新工場を設ける。従来の外部委託による生産体制では受注に対応できないため、同社としては初の一貫生産拠点を整備。品ぞろえは主力の子供用学習机のほか、ベッドやテーブルなどにも広げ、売上高は5年後に3倍に引き上げる方針だ。

新工場は「南工場」で、同市南区寺脇町の鉄工団地内の既存建物に設ける。延べ床面積は約2500平方メートルで、9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]