豊島七段が挑戦者に 将棋王座戦

2014/7/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

将棋の第62期王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定戦が29日朝から東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、午後11時7分、135手までで先手の豊島将之七段(24)が丸山忠久九段(43)を破り、羽生善治王座(名人・王位・棋聖、43)への挑戦権を獲得した。豊島七段の王座挑戦は初めて。

五番勝負の第1局は9月4日、大阪市のウェスティンホテル大阪で指される。

豊島七段は「大器」との呼び声が高い関西期待の若…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]