東芝、半導体枠組み多難

2017/9/30 1:25
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東芝は半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の株式譲渡契約を日米韓連合と結んだが、二転三転する交渉の末「急ごしらえ」で固めた枠組みには難題や疑問が残る。独占禁止法当局の姿勢、売却の暫定停止リスク、議決権を行使できる「指図権」――。上場廃止となる2期連続の債務超過を避けるため、2018年3月末までの売却完了を目指すが、期日通りに売却手続きを終えられるかは予断を許さない。

■SK経営関与、独禁法審査を左右…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 18:54
16:26
信越 1:00
1:00
東海 20:00
19:30
北陸 19:26
18:47
関西 18:47
18:07
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報