ラグビー

サンウルブズ、HCに日本代表のジョセフ氏 組織運営も変更

2017/9/30 10:00
保存
共有
印刷
その他

スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズは29日、新ヘッドコーチ(HC)に日本代表のジェイミー・ジョセフHCが就任すると発表した。日本代表とサンウルブズの指導の一貫性を高め、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に向けた代表強化を進める。

サンウルブズは日本代表の強化のために誕生した。ただ、国内シーズンとの掛け持ちで代表選手が準備時間を十分に取れなかったこともあり、1年目は1勝1分け13敗、2年目の今年は2勝13敗と苦戦した。サンウルブズのフィロ・ティアティア現HCは退任する。

サンウルブズの運営形態の変更も発表。今季からサンウルブズを運営する一般社団法人が、スーパーラグビーの主催団体「サンザー」と直接契約する。従来は日本ラグビー協会とサンザーが契約していた。スーパーラグビーの参加国の中で日本だけがサンザーに出資しておらず、サンウルブズにはテレビ放映権料の分配がない。契約主体の変更で、サンザーへの出資がしやすくする。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

ラグビーW杯日本大会まで2年

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

リーグ2位の9トライを挙げた神戸製鋼のナエアタ=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグやプロ野球のみならず、球技の国内リーグは軒並み中止・延期や無観客試合などの対応を迫られた。異常事態のシーズンで気勢をそがれたかもしれないが、苦境でも力を発 …続き (4日 22:14)

 ラグビーのトップリーグ(TL)の三菱重工相模原は3日、所属する選手が新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと発表した。TLの選手で感染が明らかになるのは初めて。
 三菱重工のグループ会社に勤務する選 …続き (3日 21:31)

 【ロンドン=共同】イングランド・ラグビー協会は2日、代表チームのエディー・ジョーンズ監督との契約を2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会まで延長したと発表した。15年11月に就任して16、17 …続き (3日 9:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]