2019年6月20日(木)

景況感、関西改善続く インバウンド増 好影響 地域経済調査

2017/9/29 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた2017年秋の「地域経済500調査」で関西の景況感を示すDI(「改善」という答えの割合から「悪化」の割合を引いた値)はプラス45.5となり、17年春の前回調査から11.6ポイント上昇した。全国は35.1。個人消費と設備投資の回復に加え、インバウンド(訪日外国人)の増加を要因に挙げた企業が多い。

調査は全国の有力企業トップらを対象に春と秋にしており、今回は8~9月にかけて実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報