/

この記事は会員限定です

大和証券、アジア拠点の日本人起業家に的

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】大和証券は東南アジアで富裕層向け業務を強化する。競争の激しい現地の富裕層を主要な顧客対象とせず、アジアを拠点とする日本人起業家などから地道に資産を積み上げる「ニッチ戦略」に活路を見いだす。効率的な営業体制をつくり、安定収益の確立を目指す。

大和は2000年代にシンガポールの富裕層向け業務を凍結していたが、15年に本格的に再開。毎年、営業担当者を増員し、預かり資産や収益を増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン