/

この記事は会員限定です

希望か共産か埋没か 民進、背水の前原氏

[有料会員限定]

28日の衆院解散が近づくなか、民進党の前原誠司代表の党運営をめぐる決断が迫られている。東京都の小池百合子知事が新党「希望の党」を立ち上げたことで選挙戦の構図は一変し、10月10日公示―22日投開票の衆院選は一気に混戦模様となった。背水の前原氏は、小池氏との連携を模索するものの行方はなお見通せない。想定される3つのシナリオを追った。

■非自民で結集

「安倍政権を退陣に追い込むために結束して頑張りたい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン