客の視力を遠隔測定 「ゾフ」地方店、都内から

2017/9/27 0:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

眼鏡専門店「ゾフ」を運営するインターメスティック(東京・港)は10月3日から、店舗での視力測定を遠隔操作する取り組みを始める。東京都内にある拠点と各地の店舗をモニターでつなぎ、店員がいなくても視力測定できるようにする。人手不足のなかで効率的な人員配置をする狙いがあり、2020年に85店舗での導入を目指す。

測定チームが、拠点と店舗をテレビ会議用の通話ソフトでつなぎ、客の反応を見ながら度数や乱視、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]