トヨタ、新興国巻き返し ブラジルで小型車投資

2017/9/27 0:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が新興国市場のテコ入れを急いでいる。25日、ブラジルで10億レアル(約350億円)を投じ、小型車「ヤリス(日本名ヴィッツ)」を生産すると発表した。新興国での新車販売は一時低迷した国・地域があったが、中長期では成長が続く見込みで、トヨタは市場動向に応じた製販体制を整える。

ブラジルではサンパウロ州ソロカバ市の工場でヤリスの生産を2018年7月以降に始める計画だ。同国では普及価格帯の小型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]