2019年6月19日(水)

山口へのクルーズ寄港、昨年の2.6倍に 来春、大型船用の岸壁整備
セールス活動成果生む

2017/9/27 7:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県下関市の西部沖合にある人工島「長州出島」で岸壁の拡張工事が進んでいる。来年4月には22万トン級と世界最大級のクルーズ船が接岸できるようになる。山口県へのクルーズ寄港は今年、79回と前年の2.6倍に増える見通しで四国でも増えている。岸壁整備により「5千人規模の受け入れが可能で、観光振興につながる」(下関港湾事務所)と地元では期待が広がる。

長州出島の岸壁を410メートルに拡張する事業は国が9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報