/

この記事は会員限定です

ホクコン、地中熱利用の空調 FRP活用で工費半減

[有料会員限定]

建設資材製造のホクコン(福井市)はコンサルタントのエコ・プランナー(同)の協力を得て、地中熱を利用した新しい冷暖房システムを開発した。地下に掘った穴の内壁を繊維強化プラスチック(FRP)で覆い、水をためて地中熱を取り出す方法で、2019年から販売を始める。他社が手掛ける従来のシステムより工事費を節約できるのが特徴で、事務所ビルを中心に売り込む。

同社が地中熱利用の冷暖房システムを手掛けるのは初め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン