ファミマ、食品包材を植物由来に 環境配慮で

2017/9/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファミリーマートは麺類などの食品の包材を環境配慮型に順次切り替える。植物由来のプラスチックやインクを増やし、容器のフタをとめるフィルムの量も減らす。対象商品には11月から順次専用のマークを付けて消費者にアピールする。

トウモロコシやサトウキビ、リサイクルペットボトルなどを原料とするプラスチック容器の採用を広げる。いずれも容器を製造する際に使う石油資源の量を減らせる。サラダなど一部商品の容器に使っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]