がん治療、ウイルス+αで 免疫薬併用で効果向上

2017/9/25 0:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がんのウイルス療法にがん治療薬などを組み合わせ、治療効果を高める研究開発が進んでいる。東京大学はヘルペス、岡山大学は風邪のウイルスとがん免疫薬を併用し、それぞれ動物実験で効果を確かめた。ウイルス療法は実用化に向け国内外で臨床試験(治験)が進む。併用による効果向上が治療期間の短縮や薬の使用量抑制などにつながる可能性がある。

東大医科学研究所の藤堂具紀教授らは口元などに水疱(すいほう)を作る「ヘルペ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]