2019年6月25日(火)

台北の駅に駅弁売り場 姫路のまねき食品

2017/9/23 6:22
保存
共有
印刷
その他

弁当製造・販売のまねき食品(兵庫県姫路市)は駅弁販売の常設店を台湾の台北駅内に10月に開設する。同社の海外出店は初めて。定番の幕の内弁当のほか、箱形の器にご飯を詰めその上におかずを載せた「ボックス弁当」などをそろえ、1日300食の売り上げを目指す。

温かい弁当が好まれることから、店舗で揚げ物を作るなどできたてを提供できるよう工夫する。価格を抑えたボックス弁当でも99台湾元(約370円)と現地の弁当の相場より70円程度高いが、竹田典高専務は「日本式の彩りの豊かさや味は評価してもらえるはずだ」と話す。

国内の駅弁市場は人口減などを背景に縮小する懸念があり、同社は他のアジア圏への展開も見据える。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報